2005年04月29日

『最後の家族』

世間ではG.Wだというのに我が家はダンナ様が仕事で、楽しいイベントはナシ。。(;o;)
旅行に行こうとか、お出掛けの相談したりもしてたのに・・・唯一バーベキューの予定があるのみで、その他は近場をウロウロする程度で終わりそう・・。

そんなヒマ〜な私に付き合わされるG.W初日の結ちゃん。。。
0428-1.jpg
全然似合ってませんが・・お花をリボン代わりにつけてみました・・^^;
イヤそうにしてたけど、笑顔です♪



昼過ぎに帰ってきたダンナと共に、結の散歩ついでにホームセンターとカルフールへ買い物に・・。
カルフールと同じ敷地内にあるdog livingさんを覗くと、店内の洋服がセールになっていたので3枚GET♪(夏物でサイズが合うのがなかったので、秋冬もののみ・・)
前は渋々ながら・・だったのに、今日はダンナも積極的に洋服選びに参加^^そして支払いは、今日も旦那様にお願いしました(* ̄∀ ̄)

何処か公園に行くつもりだったのがホームセンターと洋服選びに時間を掛けすぎ、結ちゃんのお散歩は出来ずじまいだった。。。ごめんね結ちゃん・・(^◇^;)

◇◇◇◇◇


話はコロッと変わりますが。。。

昨晩の深夜1時5分から、テレビ大阪『最後の家族』(関西地区限定だったそうです)という番組を見ました。
殺処分される大量のペット達や虐待によって傷ついたペット達・・そして、リタイヤ後の盲導犬「ユキちゃん」が紹介され、愛犬家にはとても涙無くしては見れない内容でした。。。

大阪にある殺処分場が紹介されていたのですが、驚くことにその場所に連れ込まれるペット達の大半が飼い主自身の手によるものなのだそうです。
妊娠したから・・
老後の面倒を見るのがイヤだから・・
人に襲いかかるから・・
と、その他・・飼い主の勝手な都合で持ち込まれたワンちゃん達がテレビ画面上に映し出されてましたが、その子達はもう既にこの世には居ない訳なんですよね。。。

全国で1年間に殺処分されるペットは、換算すると1時間に約50頭もの数に上るのだそうです。

番組の後半は・・

人間のために働いてきた盲導犬の、リタイヤ後の引き取り手が無く問題視されてる昨今ですが、そんな中、既に寝たきりになったユキちゃんを引き取られ、最後を看取られたご家族が紹介されました。

その方のブログを見つけましたので、興味のある方はご覧になってみて下さい。
 →ワンコのかあさんからの便り(とってもユキばぁな日々) 

番組内でその方がおっしゃった
「一度くらいユキと一緒に歩きたかった」
という言葉と
「今までがどうであったにしろ、最後が幸せなら、その子は幸せなんです」
との言葉が印象に残りました。
posted by kazu at 23:48| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆうちゃん!ピンクのリボン可愛い〜(*´ェ`*)ポッ いいな〜!マロンにもお洋服も着せたいな〜


以前ニュースで、ペットショップのわんちゃんたちが、道具のような扱いで、老犬妊娠できなくなった犬は、使い捨てのように、されてて〜ペットショップの裏側って怖い。。すごく心痛みました

その中の一部の子たちが、、捨てられてたのを、保護されて
発覚したらしいです〜
でも、捨てられてたわんちゃんは、里親探しで
いい方たちに、もらわれて最後に、ようやく
幸せに、なれたようで。少し心もやすらぎました
ほんとに。。。人間て、醜いな〜て
動物ってなーんにも、悪い気持ちも、欲も、
ないから、可愛いって!思いました

人間の身勝手ホントに許せませんよね・・・

あ〜ついつい長いφ(-ω- )カキコで、
ごめんなさい 又遊びにきまーす
Posted by マリン at 2005年05月01日 03:06
うんうん。。そーなんですよね〜!!
実家の近所に住んでいた家族は、犬が好きでないのに、
カワイイって理由だけで子犬を貰ってきて飼い始め、
結局、殆ど散歩にも連れて行かず、
挙げ句の果てに世話をしきれずに、捨ててしまいました。
しかも、同じ事を2度も繰り返したんですよ・・!
一部の心ない人達の犠牲になるペットが居るって、
許せないし悲しいですよね。。。

マロンちゃん・・お洋服似合いそうだし・・
今後が楽しみですよね〜(≧∇≦)






Posted by 結ママ at 2005年05月01日 09:44
こんばんわ。
そうですよね。
例えば、遺伝性疾患のある子を繁殖に使用しない。とか、ブリーダーやペットショップの適正審査をしたり、購入を希望する人の審査をブリーダーさん等がしたりしてすこしでも可愛そうな子が減ってくれるといいんですが。。。ひーさんも日本に帰ったら治療で助ける以外にもそのような活動もできればいいな〜と思っております。
Posted by ひーさん at 2005年05月01日 15:03
ひーさん、こんばんは〜。
「遺伝性の疾患のある子を繁殖に使用しない」。。これって、
当たり前すぎる事だと思うのですが、それすら守れない人達が存在してしまうんですから・・
命ある生き物としてではなく、モノ以下の扱いをされてるとしか考えられませんよね?!

何か行動する事によって、多くの中の少しの命だけでも助かるなら、
ひーさんと同じく、私も非力ながら協力したいって思います。


Posted by 結ママ at 2005年05月01日 20:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3230710
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。